今日は水道メーターの検針の日。

私の家のメーターを見るためには、車を移動しなくてはいけないので、
前回から、私がメーターの数字を調べて、戸口に貼って置く方法に変えた。

急にインターホンで呼ばれるのは(私の)心臓に悪いし、検診のお姉さんも助かるだろう。
蓋を開けて数字を見るだけなので簡単だと、軽く考えていたけど、これが結構面倒なことに気付いた。

「××立方メートル」の数字部分を記入するだけでいいのだけど、「使用水量は合っているのかしら」と気になる。

とんでもない金額の請求書が来ると困るので、前回の請求書を探して、前回指針を見て、「今回の使用水量」を計算してみる。

「前回の使用水量」は8立方メートルで、今回は13立方メートルだった。

今年は猛暑だったから、増えているのだろう。

この確認をするのに、結構神経を使う。
貼った紙が、めくれてしまわないかと心配にもなる。

そんな心配や手間があるけど、もう少しこの方法を続けてみよう。
少なくとも、検針のお姉さんは喜んでいるのだから。